富士山に静岡側から登るか、山梨側から登るか。

みなさんは、富士山に静岡側から登りますか?山梨側から登りますか?

どっちから登ったってそれはそれは素晴らしい!

わたしが【からだの先生】ということもあって
【からだのことだけを教えてくれる】
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが

こころとからだはまるっとひとつ。

このからだで生きているのは、自分ひとりのためでも、せいでも、ないのです。

だから、この命を紡いでくれるすべてのことをひっくるめて、
皆さんを見守り支えてくれているおかげさまな方々からのメッセージも、わたしにとっては【まるっとひとつ】。

ボディマインドスピリット、という言葉もありますが、つまりは三位一体。
スピリチュアルとかリアルとかそんなことは線引きしてません。(というか、線なんてあるの?)

以前、FBのこの投稿で
「あぁ!だから解剖学を教えることもヒーリングもやってるんですね!!」
とおっしゃった方がいらっしゃいました。

わたしの感覚になってしまうのですが
からだの素晴らしい営みのことも教える、遠隔でエネルギーのリーディングをしたりもする、
それは

富士山を静岡側から登るか、山梨側から登るか。でしかない
のです。

「わたし」じゃなくて「わたしたち」が主語の、そんな世界に。

静岡側から登った方が登りやすい人、山梨側から登った方が登りやすい人
どちらも素晴らしい景色が見えて、どちらも山が厳しさを教えてくれて
それでも、頂上というひとつの場所を目指していく。

わたしがお届けしているメニューはいろいろあれど、着地点は一緒。
それぞれがそれぞれに、自分自身のそして大切な誰かにとってのセラピストであることで
*あ、それは「職業人になる」ということではなくてね。
「わたし(職業人としてのヒーラーやセラピスト)が居なくても心身ともに幸せな毎日を過ごせる世界」
です。

誰かが、何かがないと、生きていけないのではなくて、
誰かと、何かを、共にすることが幸せだと思える「わたし」じゃなくて「わたしたち」が主語の、そんな世界。
そんな世界の中で、みなさんといろんなことを共にできたら幸せなのです。

だから、どちらからどう登ろうとしていても、
時に沿道から大声を出して応援したり、時にはそっと背中に手を添えたり、待ってたり呼ばれて飛び出て馳せ参じたり
じゃんじゃん押したり蹴り飛ばしたり(笑)、一緒に道端に腰掛けてまったりしたりする準備はできていますので
応援されたい!会いたい!と思ってくださった時には、いつでもどこでも声をかけてくださいね 🙂