からだの声を聴く者のしての責任

エステティックやパーツケア
パーソナルセラピーやロミロミなどを施すプロとして歩んできて。

からだのハナシを伝える者として。
そして、マナヒーラーとして。

数にしたら何千人もの方にお会いしたわたしが今、考えていること。

からだの声を聴く者として、責任をもつ。

 

それは、イコール皆さんの要望に応えることではないことがある。
強く揉んでほしい
肩をしっかりケアしてほしい

その、皆さんの口から発せられる訴えを、皆さんのからだから聴けることが本当に少ないのです。

ただただ手をあててほしい、あたたかい温もりがほしい
優しく何度もアプローチしてほしい

もう少し強弱をつけてほしい

そんなからだからの声を聴いている以上、皆さんの頭がどこかで憶えた『強い圧=しっかりやってもらった』ということに合わせることができません。

…ので、それを求めている方には、わたしのトリートメントはオススメしません。

できるか、できないか、
じゃなくて
トリートメントを受けて欲しくない、
じゃなくて
今、わたしがお届けするアプローチではない

ということ。

からだは嘘をつかない。
その深く大切なメッセージを、諦めず妥協せず届けるために。
これからもまっすぐ精進します。

この記事を書いた人

あ み(asai mie)
あ み(asai mie)
からだのことをお話したり、こころの声をお届けしたり、がんばる女子が精神的にも肉体的にも社会的にも健やかで在ることを全身全霊で応援しているパラレルワーカー。